2010年07月19日

手づくりのもの
















私のなまえ(MARIKA) と好きな物のなまえ(CAMERA)入り
手作り本カバー。
阿部ちゃん製作。中身は山崎ナオコーラの本。
彼女の本は読んだことがないので楽しみです。

あと、




てんきごじてん―風・雲・雨・空・雪の日本語




好みを知りつくしてくれています。
みんな曰く、私は新しく覚えた言葉、自分で面白いと思った言葉を
発声するとき、とても得意気に「聞いて聞いて」というオーラを
だしているらしい。
この本で、大得意になること間違いなし。
あと、D700がすっぽりおさまる可愛いバッグ。
一緒に出かけよう。

ええ、私たち、ずっと友だちでいるんだろうね。




おまけ
お母さんにもらった手づくりのもの笑


DSC_1417






.
posted by マリカ at 22:10| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

たまご


巴里の空の下オムレツのにおいは流れる



石井好子さんのこの本は
食いしん坊にはたまりません。

そういえば先日フランスの血をひくあんなちゃんが
「子供のころ、スーパーの生の牛挽に卵と摩り下ろしたにんにくと
塩コショウをして混ぜ合わせた料理が大好きだった」
という話をして
みんなで「オエー、挽肉生で食べるなんて野蛮だ」といって
さんざん笑ったのですが
久しぶりに読んだ石井さんのこの本にちょうど
「ステークタルタル」として紹介されていたので
ちょっと驚きました。

それは生卵の黄身一個、サラダ油、お酢、カープの実、
玉ねぎやパセリのみじんぎりを混ぜ合わせ、
塩コショーで味付けをしたソースを
挽肉の生肉にまぜあわせたもので、
なま肉を食べるなんて動物みたいだと思っていた私も、
ひとくちもらってたべたら意外においしいので、
ひどく疲れているときは
ステークタルタルを食べるようになった。
(巴里の空の下オムレツのにおいは流れる より)



そう言われたら食べたくなるけど
おなか壊さないかな。
あんなちゃんちは大丈夫だったらしいけれど。ふふふ

この本の、最初の章の
卵の料理たち

バターたっぷりのオムレツ、
マヨネーズのかかったエフアラリュス(ロシア風オムレツ)
オーロラソースのかかったヴェベール、
スペイン人のシェフの作ったエッグフォンデュ・・・

があまりにもおいしそうで
どうしても卵が食べたくなりました。

なので今朝六時に起きて卵のサンドイッチを作りました。
卵は黄身が柔らかいくらいにゆでて
粒マスタードとマヨネーズと挽きたての胡椒をたっぷり。
塩を振ってしんなりさせてよくしぼった玉ねぎもいれて
混ぜる。
バターをたっぷり塗ったパンに
きゅうりとレタスと一緒にはさむ。

サンドイッチが待ち遠しすぎて午前中の仕事が
長かった。









.
posted by マリカ at 22:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

casa など

ニューヨークネタ、しつこいけど。




明日発売の casa は ニューヨーク特集★

とっても楽しみ〜


話は変わりますが、
この前歯医者で newsweek日本版を読んでいたら
Mollie Katzhen肉食べる!
みたいな記事が載っていました。
(Mollie はベジタリアンの草分け的存在の人で
以前も書いたけど
私の大好きな本があります。)


The New Moosewood Cookbook (Mollie Katzen's Classic Cooking)



先日朝日新聞にも「女の子も実はお肉大好き」記事が
載ってました。
(満面の笑みで唐揚げを頬張る女性の写真入り)


久しぶりに鴬谷苑行きたくなっちゃった。



newsweekの英語版該当記事
http://www.newsweek.com/id/228720?GT1=43002

mollie katzen web site
http://www.molliekatzen.com/













.



posted by マリカ at 22:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ミープさん

img822


ミープヒースさんが亡くなったという記事を読んで
思わず あっ と叫びました。

あなたは何人の少女たちの人生を変えたでしょうか。

アンネの日記「完全版」
を再読していますが
影響されやすい私は、自分の日記に
・・・親愛なるキティ とか書き出さないように
注意してます。











.



posted by マリカ at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

雑誌考

最近のファッション誌はおまけブームですね。

あの cher cher cher cher (チャー?)て書いてあるバッグ
何がかわいいんだろう、なぜかみんな
薄汚れてるし(たぶんもとがそういう色なんだよね)と
この前せっちゃんと話していましたが
Vogueにギャルソンのバッグがついていたので
雑誌におまけつけすぎ反対派の私もつい買ってしまいました。

DRESSTERIOR や YSL までも
エコバックになって本屋の天井から
ぶら下がっているとは・・・

装苑だけは、おまけバッグつけないでおくれ。



わたし、おばさまになったら愛読したい雑誌
家庭画報
http://www.kateigaho.com/










.
posted by マリカ at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

play

kikuchi

菊池敦己さんの作品集、PLAY
を購入。

この人は mina perhonen とか
sally scott とか、私が素敵だな〜とおもった
紙もののの仕事を手掛けていて、
この前お土産でもらったこのマッチも
菊池さんのデザインだということ。



涼しい秋の夜に、じっくり眺めるのが
いまから楽しみです。











.
posted by マリカ at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

from Mars

週末、
ガラスを割って、
忘れ物をした故
安部公房を読み、
新しいCD(sol seppy) を聴き、
シャツ一枚、靴二足を買い、
髪を切ってあげて、
梅酒とワインを飲みました。









.
posted by マリカ at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ヘッセ





母の昔の本です。
昨日から読み始めました。

一番後ろのページに母の字で

♪忘れかけてたやさしさを
おもいださせてくれるよな
街で見かけた風景に
僕はふとたち止る
1980.1.26

て書いてあります。
おそらくこれは誰かの歌の歌詞と思われる。

そして
「自分が自分について何も知らないこと」
という箇所に線が引いてある。







.

posted by マリカ at 21:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ちくま文庫 2



ちくま文庫が好き
その2










.
posted by マリカ at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

筑摩書房

私は、ちくま文庫がとっても好きです。

その理由は、まあおいおい書こうと思います。

「で、あなたは読んだの」ていう栞がいいよね〜。



おやすみなさい。





.
posted by マリカ at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

少しのイーストで ゆっくり発酵パン




少しのイーストで ゆっくり 発酵パン

という本、届いた!
今までの五分の一くらいの量のイーストで
我が家の好みの リーン なパンが焼けるらしい。

家庭用のオーブンで
表面ぱりぱり、中はキメが粗めでしっとり 
のパンを焼くのは難しい。

お母さんがいろいろ手を尽くしてきたけど
まだできたことがない。

だが、この本のやり方をすれば
家でも出来るらしい!

わくわく・







.
posted by マリカ at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

きのこ



飯沢耕太郎 著
世界のキノコ切手
この人写真評論家なのにきのこ好きとは知らなかったよ。

谷川俊太郎 著
きのこ 森の妖精
友達にもらった大切な本。

渡辺隆次 著
きのこの絵本
渡辺さんのきのこの食べ方に対する真剣な姿勢が素晴らしい。

中学生の時から
美術の授業の彫刻の課題で
きのこを彫ったりして、
きのこ好きだった。
(今思えばあのきのこはベニテングタケだった。)

今朝は 天気もよかったので
窓際で
お気に入りのきのこ本を眺めていました。









.

タグ:SLR680
posted by マリカ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

「あのくさ、」

お母さんの勧めで
「逃亡くそたわけ」っていう本を読んだ。
博多の女の子と、名古屋の男の人(なごやん)が精神病院から逃げる話。

ばりばりの博多弁がかわいらしい。
父が北九州弁、母が博多弁のわたしとしては。

その本によると、
博多弁でおもらしすることを、しかぶる。
もっと大変なおもらしの方を、『マリカぶる』というらしい。

お母さんはとっても嬉しそうに私にそのことを報告してきました。
お母さん、福岡出身なのだから、知ってたくせになんで私にマリカという
名前をつけるかなあ。もう。

でも、気に入っているからいいです。

語尾に くさ、とか、ち とか
つけることは知ってたけど
「あのくさ」って言うのは知らなかった。
「あのさ」みたいな意味なのかしら。

名古屋出身のBFに
「なごやん」ていうお菓子があるんでしょ。
と聞いたら、
「ちがうよ なごやんだよ!」とイントネーションを訂正された。

言葉って難しいです。





.
posted by マリカ at 21:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

人の砂漠

人の砂漠


”自慢するわけではないが、機械と名のつくもので操作可能なのは、
オリンパス・ペン だけなのだ。”


おー沢木耕太郎は、かっこいいな。
私もオリンパス・ペン
(カメラ)がほしくなってしまった。

前に「檀」を読んで以来の沢木耕太郎ファン。
ミッドナイトエクスプレスはあまりにも有名だけど、
あれは読んでるうちに羨ましい気持ちが高ぶりすぎて、
正直読むの疲れます・・・

人の砂漠は 沢木耕太郎が 私と同年代のときに書いた
ルポルタージュ。


ミイラと英語まじりのなぞのノートを残して
”餓死”した、おばあさんの話。

元売春婦の養護施設の話。

村全体をあいてに詐欺をした、おばあさんの話。


沢木耕太郎の、
視線の鋭さ、人間としての新鮮さ、誠実さ、かっこよさ に
完敗でした。





.
posted by マリカ at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

Moosewood

The New Moosewood Cookbook (Mollie Katzen's Classic Cooking (Paperback))
The New Moosewood Cookbook (Mollie Katzen's Classic Cooking (Paperback))




一番好きな、料理の本。
この前はこれを見て、サモサ に挑戦。

ベジタリアンていいなあ。
肉を食べないかわりに、チーズをたっぷり食べれるもんね〜。

結構、なんにでもチーズ いれるレシピが多い。
日本だと結構高いから、困るなあ〜。
posted by マリカ at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

アラバマ物語

お気に入りの本。
アラバマ物語。

my favorite things2


暮らしの手帳社 から、出ていて、装丁もとてもステキな
ペーパーバッグ。

アメリカ南部。
”古き、良き(悪き)アメリカ”で、
成長していくスカウトが主人公。
普通に行われていた、人種差別にも、衝撃を受けます。

本の帯より
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
舞台はアメリカ南部の古い町
母なきあとの父と兄妹の心にしみる
愛情をヨコ糸に
婦女暴行の無実の罪をでっちあげられた
黒人の若者をタテ糸に
見事に織りなした人生のメロドラマ
61年度のピュリッツァ賞にかがやき・・・続く
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
なんか、演歌の歌詞みたい。

映画版も、感動します。

父親のアティカス役は、グレゴリーペック(ローマの休日の人)だし。




タグ:Digital
posted by マリカ at 23:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。